日本語トップページ|English Top Page|中文主頁|指導メモ|Accent Study|Japanese Test|JLPT Study
この指導メモには、オンライン日本語学習で日本語を教える人のための指導ポイントが書かれています。日本語教師でない人にも分かりやすい内容です。
入門
1.名前
2.疑問文 / 否定文
3.数字 / 年齢
4.指示詞
5.名詞 + 名詞
6.場所
7.AからBまで
8.動詞
9.過去形
10.もう / まだ
11.助数詞
12.います / あります
13.位置
初級
14.い形容詞
15.な形容詞
16.すきです
17.接続詞
18.比較
19.やりもらい
20.[動詞ます形]かた
21.頻度 / 程度
22.形容詞の過去
23.[ます形]たいです
24.どこか / どこも
25.取り立ての助詞
初級2
26.[て形]ください
27.[て形]くれます
28.[て形]、〜
29.[て形]います
30.[ない形]で ください
31.[て形]は いけません
32.[て形]も いいですか
33.[辞書形]ことができます
34.[た形]ことがあります
35.[形容詞]なります
36.から / まで
37.まえ / あと
38.名詞修飾
39.と言います
40.[い形容詞]さ
41.[普通形]し、〜
42.[た形]ら, [て形]も
43.[辞書形]と
44.手順
45.
初中級
46.[普通形]んです
47.[普通体] , [意向形]
48.[命令形] , [動詞形]な
49.[可能形]
50.[普通形]と思います
51.[意向形]と思っています
52.[普通形]という意味です
53.[辞書形]ように
54.[普通形]ので
55.[ます形]ながら
56.ば / なら
57.[た形]ほうがいいです
58.[て形]います/あります
59.[て形]おきます
60.[形容詞/副詞][動詞]
61.かも / てみたい
62.すぎます / やすいです
63.名詞化
64.名詞化2
中級
65.とおりに / ような
66.ように / ために
67.
68.のに/おかげで/せいで
69.[普通形]そうです(伝聞)
70.そうな / ような
71.そう / ところ / ばかり
72.受身
73.使役
74.丁寧語
75.尊敬語
76.尊敬語2
77.謙譲語
Lesson 70:様態
  文型1
  ・[い形容詞]そうな
   [な形容詞]そうな

     すずきさんは うれしそうです。
    (ほんとうに うれしいかどうか わかりませんが、そう みえます。)

話し手が表面だけ見て判断したことを「そうな」で言います。「嬉しそう」のような他人の感情や、「美味しそう」のような見ただけで正確な判断ができないことについて、よく使われます。

「いい」は「よさそう」、「ない」は「なさそう」になるので、注意してください。また、「綺麗そうな」や「白そうな」のような見ればすぐに分かることについては言えません。

  文型2
  ・[普通形]ような
   [な形容詞]なような
   [名詞]のような

      るすの ようです。
     (おとが きこえません・でんきが きえています)

「そうな」が直接見た時の判断なのに対し、「ような」は間接的に見た時、触った時、聞いた時、嗅いだ時、味わった時、またはそれらの総合的な判断の場合に使われます。

   例:料理を直接見て   → この料理は美味しそうです
    :皆の注文を聞いて  → この料理は美味しいようです
    :店の前の行列を見て → この店の料理は美味しいようです

「そうな」と違って、名詞や動詞の場合にも使えます。

   例×子供のそうです。
    ○子供のようです。
    ×誰かが来たそうです。(伝聞の意味)
    ○誰かが来たようです。

  文型3
  ・[名詞]みたいな
   [普通形]みたいな

        るすみたいです。

「ような」と同じですが、こちらは会話でよく使われています。ただし、こちらは名詞の場合に「の」が要りません。